子育て

「抱っこ紐のバックル外し」から赤ちゃんを守る

「抱っこ紐のバックル外し」から赤ちゃんを守る

お散歩の時や、ぐずって家事がままならない時、子育ての相棒であり、手首に優しいアイテムといえば「抱っこ紐」ですよね👶この3ヶ月間泣いてる我が子が寝るまで家の中をうろうろして、どれだけ助けられたことか😭ありがとう、抱っこ紐。
子育ての殿堂入り神アイテムです💚そんな神を冒涜する「妖怪・抱っこひも外し」が全国各地に出没していますのでご注意ください。

「抱っこひも外し」とは

たまにニュースになる「抱っこひも外し」とは、赤ちゃんとお出かけしているママが一人でいるところを狙って背中のバックルを外す悪質ないたずらです。いたずらというかこれは犯罪だよ。

赤ちゃんが頭から落ちて怪我したり最悪のことになったら・・・・こわい。
ほんと許せない😡

目撃者によると普通のオジサンやオバサンが犯人らしい。どんなコンプレックスや恨みがあるか知らないけど下手したら死んでしまう弱い赤ちゃんを狙うんなんて卑怯すぎ。

人気の「エルゴベビー」など背中にバックルがあるタイプが標的

↓両肩部分をつなぐ背中バックルを外されると、腰を起点にして赤ちゃんは頭から落下します。
硬い地面や尖った場所に当たると取り返しがつかない事になりかねません。人気のergobebyは優れた部分も多いですが、悪質ないたずらには弱いです。本当に怖いですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:31900円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

背中バックルの抱っこ紐を使っている方

すでに使用中の方は、すぐに対策をしてください。
リュックや上着でバックルを隠す。バックル部分にゴムを掛けるなどの方法もありますが、最も確実なのは落下防止ベルト。こちらを購入するのがベストだと思います🌷

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2200円(税込、送料別) (2021/6/13時点)

あと、こんなアイディアもあるようです。ゴムで簡単に対策できます💫

これから抱っこ紐を買う方

人気やブランドだけで抱っこひもを選ばない方が安全です。
上記のベルトのように付属品が増えると、出かけるまでの準備に時間がかかるので、安全で簡単なものを選んでください。

そんな私は「ベビービョルン」を使っていて(友達のお下がりです)バックル外しが話題になった時に、どうやったら落ちるの?か意味がわからず、なぜ背中のベルトを外して赤ちゃんが落下するのか理解に時間がかかりました。ベビビョンには背中にバックルがありません。バックルの位置や作りが少し違うだけで、いたずらには強いと思います。ということで「ベビービョルン ワンカイエアー」おすすめです。(回し者ではありません)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:26400円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

体に沿うように一枚布があり、赤ちゃんを挟んでもう一枚布があります。
そしてメインのバックルが前方にあります。慣れていても通りすがりに他人のバックルを外すの難しいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:26400円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

以下公式サイトよりお借りした画像ですが、これめっちゃ楽です。片手で簡単に立ったまま装着できるので腰に優しいです。このちょっとの動きでも、毎日のこととなると全然違います☺️

オールメッシュで通気性がいいのもポイント。赤ちゃん体温が高くて、めっちゃ暑いです。6月にはいってから保冷剤挟んで丁度いい。
あと、よだれや汗ですぐに汚れるので、汚れたらネットに入れて洗濯機へ。丸洗いでさっぱりと洗えるところも便利で気に入っています😊

まとめ

妊婦を狙ったり、赤ちゃんを狙ったり、悪い人はどこにでも潜んでいると思って対策して損はないと思います。赤ちゃんを守れるのは、親だけです。だから万が一に備えて対策をしてお出かけを楽しんでください😘

みんなが互いに気をつけて妊婦さんや赤ちゃんを見守ることで抑止力が働き軽犯罪が出来ないようにして、
こんな対策などいらない世の中になって欲しいと強く思います。