【わっかウエディング】オリジナルウェディングのプロデュース(都内・大阪)

加えず引き出す「無添加ウェディング」をオーダーメイドで

海外在住カップル

海外在住だとよく分からない“結婚式の予算”のこと

さて、どうやって結婚式の費用を捻出しよう・・・

と現実にぶつかる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海外で住むってそれだけで保険やビザ等いろいろ気苦労があって、永住権を持っていたとしても外国人には変わらない。

だからこそ『生きること』に正面から向き合い、現実を見出して強くたくましくてカッコいい人がたくさん居るのだと思います。

その分、お金の価値を日本よりも真摯に受け止めていらっしゃる方が多いように感じます。

そんな海外組カップルのサポートプランナーとしては、費用について無視する事は出来ません!


目 次

1、費用の前にホームパーティーの習慣のある国・ない日本

2、日本の結婚式・披露宴の習わし(ご祝儀制)

3、日本でウェディングをする費用・日本から海外に招待する費用の差

4、「結婚式の予算」まとめ

 


ホームパーティーの習慣がある国・ない日本


まずは欧米の習慣では、バースデーやベビーシャワーはもちろん、特になにもない日でもホームパーティーが日常的に行われています。

招待するのは、親しい方・友人とその家族・親族など、場面に応じて様々です。

幼少期から老若男女とも『自由に』過ごす事も身近なお祝い事も慣れているので楽しめる方が大多数。

そのため結婚式という場でも、音楽が流れれば踊り、好きなタイミングで周りの方と『自由に』話しするのは自然な流れなのです。

一方で、日本では同じようにはいきません。

親御様世代・祖父母様世代の中には、何も決まっていないと不安に思う方もいらっしゃいます。

『自由に楽しんで』『好きなところで好きなように過ごして』『音楽を楽しんで』と言われても・・・

ここに座ってていいのかな、この自由は何時までつづくのかな、周りに浮いてないかな、など「自由に」と耳にすれば聞いた分だけソワソワしてしまいます。

小さかったあの子の晴れの日、成長が嬉しくもあり寂しくもあり、心から幸せになって欲しいと願い、結婚式当日にはいつもより早く起きて新調した衣装を身に纏い目一杯おしゃれをして来られる方もいらっしゃるかもしれません。

欧米とは違い愛情表現が優しい日本の皆さまを、置いてけぼりにせず困らせないように楽しんでもらいたい。アウェイではなくホームである日本でのウェディングをおすすめをする理由です。


日本の結婚式・披露宴の習わし(ご祝儀制)


日本で結婚式をする場合、お祝いとして『ご祝儀』を持参し披露宴の受付で渡すことが一般的です。(一部地域を除く)

しかし本来『ご祝儀』は「お祝いの気持ちを表現したもの」で「参加費用」ではございません。

そのため古くは、結婚が決まった時点で新郎新婦宅へ訪問しお祝いを渡していました。そしてご祝儀に対して、頂いた分をきっちり礼をもってお返しする。これこそが日本の結婚の風習です。

ご祝儀をいただく都度、先方のご自宅へお伺いし「お礼返し」が出来れば結婚式は必要ないかもしれません。

しかし結婚式があれば、お祝いをする機会に恵まれます。参列者は日程を調整し新郎新婦宅へ伺わなくても済むのです。

同時に新郎新婦はお礼をする場を設け、引出物や料理のおもてなしをもってお返しをする事が出来る機会となります。

ゲストに祝いの場を提供する事、これが本来の結婚式の目的の一つであり習わしなのです。


日本でウェディングをする費用・国外でウェディングをする費用


日本では、本人の意思とは別に結婚が決まるとご祝儀をいただきます。

会費制でもご祝儀を持参される方が多いため、予めご祝儀制に見合った「お礼返し」を用意するのが最も安心な方法です。

平均ご祝儀は『ご友人3万円、上司4万円、親族6.5万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2016より)』

日本でお招きしたい人数(ゲスト人数)をお考えいただくと予算の目安が算出されます。(例:50名×約3.8万円=190万)

上記をおもてなし代とし、そこにおふたりの衣装代やこだわりの費用を合算してお考えください。

海外からのゲストの渡航費や宿泊代に関しては、話し合いでお決めいただきますが、ありがたいシステムには間違いございません。

逆に日本のゲストを海外へご招待する場合はご祝儀は頂かないことが多く、たくさんお招きすればする程、おふたりのご負担は膨らんでいきます。

ご家族なら問題がなくても、ご友人や恩人に長期休暇や渡航費・宿泊代を自費でお願いして来てもらうのは・・・どこまで負担するかも含め考え深いですよね。


『結婚式の予算』まとめ


海外在住カップルにとって日本のご祝儀制は心強くありがたい味方です!!!

会費制でビュッフェなどにするよりも、伝統を重んじてしっかりコースでおもてなしをする方がゲストの満足度は高くなります。

併せて海外在住の強みを生かし現地で良質リーズナブルなドレスを購入したり、ステキなペーパーアイテムを手配したり、特色のあるギフトを用意するのもおすすめです。

誰を招待して、何に重点を置き、どうおもてなしをするのかを考え抜いた分だけステキな一日が叶います^^

費用も大事ですが、何より楽しみましょう♩

「なんとなく不安」「大丈夫・・・?」「リアルな話をききたい」と思ったら一度「まるっと」ご相談ください(※Skypeでも大丈夫です)

wacca wedding

wedding producer

大野 貴世

 

ウェディングコラム

1組主義です❁︎
「結婚式の準備をふたりと一緒にしたい」 結婚式の数ヶ月前からは、その2人の事だけを考えて、どんな事にも対応できるように、どんな理想も叶えれるように。本当の意味で...
245 views
良いものには余白がある
得意なことは人それぞれだと思います 私のそれはデザイン力 絵を描くこと 色を塗ること デザインする事も好き 空間を色で埋めることも バランスを取ることも得意 感...
460 views
More