レポ・ブログ, 妊娠初期

NIPT認定外施設 Hクリニック(東京)レポ

NIPT認定外施設 Hクリニック(東京)レポ

産まれてくる命はどんなことがあっても大切にする☺️
そう決めた私たち夫婦は、準備のためにNIPT(NIPTとは?こちら)を受けることにしました💚
(出生前診断をするまでの葛藤はこちら

検査施設へ予約する

もし陽性だったとしても、その子の為にできることや対策をしっかり知りたいという思いから、専門医のカウンセリングで認定施設で受けようと決めました!サイトを見ると1ヶ月後しか空いてない😭1ヶ月先となると夫との日程調整がどうしても難しい😅

え、どうすんの?w
どっちにしても育てるんだし、結果がわかればよくない?

てなわけで、ネットですぐに予約ができた認定外施設Hクリニックを予約しました🏥

予約当日

予約した日から3日後行ってきました。早くてありがたい。
この時の週数は11w3d。真夏で気温が高くて暑い日☀️

少し早く着いたので、久しぶりにカフェに入って時間潰しました🍋

Hクリニックは、都内の雑居ビルに入っていました。

クリニックの様子

中に入ると左手に受付があり、部屋に案内されました。
廊下の左右に何部屋かあるようで、手前の部屋に親子が入っているのが見えました。

部屋に入ると簡素なテーブルと椅子があるだけの会議室のようなシンプルな空間。産院やクリニックとは全然違う。

受付の方がタブレットを持ってきて、NIPTの説明の映像を流します。年齢によるリスクや確定診断ではないことなどを説明する約10分の映像でした。

その後、女性の医師が入ってきました。
淡々と切り上げるようにページをめくり話を進めた後に「質問ありますか」と聞かれ、思わず「ありません」と答えていました。

メニューの説明があり、フル検査を勧められましたが、私は3つだけにしますと断りました。
互助会に入ると、陽性判定後の確定診断がお得と言われましたが、確定診断はしないと決めていたので、それも断りました。

(クリニックと名前がつくだけで、ビジネス感がすごいな・・・😅)」

採血

その後、看護師さんが部屋にきました。
採血して終了。

(これだけで9万円・・・いい商売だわ、こりゃ😅)」

お会計

受付に戻り、クレジットカードで支払い。
滞在時間30分弱。
約9万円也。

あとはメールでの結果を待つばかり。

まとめ

数日後にメールで結果が届きました。
全て陰性でした💫どうなっても受け止めると覚悟したものの、陰性の表記をみて「ほっ」としました。

認定外の施設で受けてよかったことは、結果が早かったことと安かったこと。
残念だったのは、ビジネス感が強かったこと。
真剣に命と向き合ってからこの日を迎えたので、淡々とした流れ作業にがっかりしました😓
私は認定施設で専門医のカウンセリングを受けた方が良かったかなと思いました。

これから検査をお考えの方は、結果を知りたいだけなら認定外をおすすめします。
命と向き合った方は、その想いを汲み取ってくれるカウンセラーがいる認定施設をおすすめします。

↓認定外クリニックの参考にリンク置いておきます。
(*おすすめではないので、私が行ったHクリニックではありません)

NIPT平石クリニック 新型出生前診断(NIPT)

↑遺伝子カウンセラー在籍なので知識をもっている点で安心。ただし、問診と採血して終わりと書いてあるので、必ずにカウンセリングがあるわけではないと思います。場所や料金など条件付きだと思いますので、ご希望の場合は予約の際に詳細をご確認ください♫
全国いろいろな所にあるのは嬉しいですよね。

実施場所:麻布十番、青山、銀座、池袋、神田、代官山、赤坂、一ツ橋、高田馬場、仙台市、新潟市、秋田市、青森市、さいたま市、千葉県佐倉市、名古屋市(中区栄・中区大須・中村区名駅)安城市、札幌市、大阪市(梅田・中津・北新地)、草津市、福山市、広島市、山口県萩市、福岡市、那覇市

新型出生前診断(NIPT)ラジュボークリニック

↑認定施設で調べられる13.18.21トリソミー検査と同様。コスト重視であれば88,000円は魅力的な価格です💫

実施場所:青山・表参道・名古屋中区・大阪市北区・福岡市博多区・那覇市)