【わっかウエディング】オリジナルウェディングのプロデュース(都内・大阪)

加えず引き出す「無添加ウェディング」をオーダーメイドで

フリーランスウェディングプランナー

カリスマ型、トロフィー型、記憶型・・・[フリープランナーの選び方]

ここ数年で、フリーランスで活躍するプランナーが増えてきました。時代にあわせて、会場や式場など業界主体から、2人主体に変わってきたんだなぁとしみじみ。つまり、自分たちらしい結婚式をするための選択肢が増えて、「自分たちらしい結婚式」を実現した方が増えてるということ。とっても嬉しいです!

しかし信用してお願いしたプランナーと上手くいかない、なぜか波長が合わない、プロデュース会社を変えたいと悩みをお持ちの方からセカンドオピニオンも少なくはありません。話を聞いてると誰も悪くないし、第三者目線で双方の気持ちもよく分かります。

さて供給過多のフリーランスのウェディングプランナー。信念をもってウェディングに携わっていることは間違いないのですが、一口に「フリーランス」と言っても、同じようで異なる部分がいっぱい。だから、根底にある考え方やスタンスにより、打ち合わせが進むにつれすれ違いが出てくるのです。口コミが少なく失敗例も情報量も不足している中、何を基準に選べばいいのでしょう。
たくさんから選べる今だからこそ「ベストなマッチング」のために「見極め」て欲しいです。

契約社員型

1件あたりのフィーで会場に雇われており、会場所属と変わらない。会場のルールに合わせることが出来る柔軟さを持つ。性格がよく、だれにでも優しく本当の意味で親身になってくれる。提案力は普通である。集客力がなく、契約会場のプランナー業が多忙で充実しているため出会うのが難しい。

カリスマ型

結婚式の仕事が大好きで独立し、同業者と群れないタイプのプランナー。演出でなく華のある豊かな日常を送っている場合が多く、自己管理が行き届いているためか見た目も洗練されている。スレンダーで年齢不詳の美女であることが多い。そして、人柄が素晴らしく選ばれ続けているので、携わる結婚式での新郎新婦・ゲスト満足度が非常に高い。しかし自慢したり目立とうとは決してしない。

トロフィー型

素敵な結婚式とは「コレ!」と、見た目を追求。大金をかけたウェディングをウェブや講習で大々的に公表する。見た目が豪華で個性的ゆえに、インスタ映えもするし集客力がありカリスマに見えるが、実際は主導権をとるための演出である。ゲストが置き去りになるウェディングも多い。高額になることが多いのでセレブ以外は、本当に必要なものを見極める力が必要。

登壇型

セミナーや専門学校・大学などの講師をしている。教育という名目で現役から離れつつある。根底には、効率的・安定的に収入を得たい。教える=アウトプット。教育者として長いほど、考えが固執している。子供がいるため、時間に制約がある場合もある。素敵な結婚式をプロデュースしていたとしても「ウェディングプランナー・講習・セミナー・業界」などで検索し、ヒットする場合は注意が必要。

記憶型

記憶に残る時間をプロデュースをするプランナー。衣装や花などの見た目や装飾ではなく、生きた時間を考える事ができるのが特徴。音に非常に重きをおいており、海外のような自由なパーティー時間を提案できる。どんな音楽が好きかを質問し判断材料にするといい。トロフィーが混じっているので見極めが必要だが、このタイプで出会えた場合は価値のある結婚式が確約される。

素人プランナー

ブライダル経験がほとんどなく、少しだけどこかに勤めただけのプランナー。もしくは自身の結婚式を期にブライダル業界に入ったという経歴のプナンナー。経験が乏しくキャリアがないので、日本の結婚式に必要な基本知識がなく、目上の方、親族・上司などのことを置いていきがち。新郎新婦には最高だったとしても、最終的にゲスト満足度が低い。TPOより「自分たちらしさ」。交友関係が広く、友人や仲間が多い。そしてSNSが得意なので、まさに見た目だけの結婚式になる。

業界癒着型

長年ウェディングの仕事をしていて、今更別のことを出来ないため、仕事として活動をしている。花嫁のお母さん的な立ち位置で安定感が抜群タイプ、もしくは特徴がなく目立たないタイプが多い。しかし、変化する世の中に合わせようとしても、なかなか難しいのも事実である。親世代にも安心いただける定番結婚式をしたいニーズにはぴったりマッチする。このタイプはプランナーをまとめているサイトに登録している場合が多い。運営サイトにマージンを抜かれており、アイテムなどのキックバックを報酬にしているため、間接的に新郎新婦の負担になっている。

まとめ


働き方が多様化し、いろいろなプランナーが混在しています。上記のタイプには属さない方や、複数の要素をもったプランナーもいます。結果的に自分たちにとって、ぴったりのプランナーだったと満足できれば正解です。しかし、実際にお願いしなければわからないのも事実。そして結婚式は、一生に一度。なるべくならミスマッチではなくベストなパートナーと三人四脚で当日を迎えていただきたいと思います。結婚式をしようと決断し、自分たちらしく過ごしたいと奮闘していただいた全ての皆様が素敵な一日を迎えていただければとても嬉しいです。


[ おすすめ度 ]
・契約派遣型プランナー ★★
・カリスマ型プランナー ★★★★
・トロフィー型プランナー ★★★
・登壇型プランナー ★
・記憶型プランナー ★★★★★
・素人プランナー ★
・業界癒着型プランナー ★★

wacca wedding

ウェディングコラム

1組主義です❁︎
「結婚式の準備をふたりと一緒にしたい」 結婚式の数ヶ月前からは、その2人の事だけを考えて、どんな事にも対応できるように、どんな理想も叶えれるように。本当の意味で...
276 views
良いものには余白がある
得意なことは人それぞれだと思います 私のそれはデザイン力 絵を描くこと 色を塗ること デザインする事も好き 空間を色で埋めることも バランスを取ることも得意 感...
483 views
More