子育て

新生児ニューボーンフォトとは?🍼良かったこと・失敗だったこと

新生児ニューボーンフォトとは?🍼良かったこと・失敗だったこと

かわいい我が子どうやって記録しよう?🤔

妊娠後期のマタニティフォトも気にはなっていたけど、アラフォーで人前でお腹出すのも恥ずかしいし・・・うん、却下。大きいお腹は自分で撮って自己満足すればいいや。
でもその代わりじゃないけど、ニューボーンフォトは絶対撮りたい👶🏻

コーディネートも自分で考えて準備してカメラマン手配しよう😤
・・など考えてたけど、産後にそんな余裕なんて全く無かった・・・産前はあんなに時間あったのにね😅
ということで友人に紹介してもらったプロカメラマンに依頼しました。
実際撮影してみて、感じたことをまとめます📷

ニューボーンフォトとは

ニューボーンフォトとは「新生児期の赤ちゃんを撮った写真」のこと。生後まもなく、小さくて華奢な赤ちゃんを残すためのものです。まだお腹の中の記憶があり、熟睡しているときに撮る写真は、このときだけの特別な姿☺️
どの赤ちゃんも天使。かわいいが止まらない〜😍
永遠に眺めることが出来ますよね💫(↓の写真はフリー素材です)

ニューボーン撮影のベストなタイミング

1ヶ月経つと体重も増えて顔立ちも変わります。ニューボーンフォトは見た目が変わる前、新生児期と言われる生後3週間までベストです。
カメラマンの方いわく、生後12日(10日前後)までに撮るのが理想のようです。
(私が撮影したのは生後17日目でした)

どこで撮る?撮影場所

💙写真スタジオ
撮影に必要な機材が揃っているので、短時間で撮影を終えることが出来る。
新生児をスタジオに連れて行く必要がある

💚出張カメラマン
出張費がかかるが、新生児を外に出す必要がない。
自宅に2畳ほどのスペースが必要。
準備に時間がかかるが、ぐずったときに自宅なので対応しやすい。

免疫のない新生児。コロナ禍でも撮るべき?

免疫のない新生児、コロナ渦で万が一何かあったら、どれだけ悔やんでも悔やみきれせん。
私は外に出すことはしたくなかったので、出張撮影をお願いしました。
新生児が感染すると、どんな後遺症が残るのか前例がなく、ワクチンもない時期だったので、どんな対策をしているのかを事前にきちんと確認したうえで、当日の検温、撮影前の手洗い、アルコール消毒をお願いしました。

撮るべきかどうか、賛否あると思いますが、私は撮って良かったと思います。
赤ちゃんのお世話に追われて、睡眠不足や体の不調で、ちゃんと写真を残すこともなくスマホで撮るだけでした。
自分で撮る写真は、ベッドに寝ている姿や正面の顔ばかり。プロに背中やうつ伏せの全身を撮ってもらわなければ残らない写真でした☺️

用意したものと当日の段取り

事前に準備
バスタオル一枚
ガーゼ2枚
あればおしゃぶり 
撮影場所:自然光が入る大きな窓がある部屋✨
(背景は事前に何色がいいか伝えていました。グレーを希望したけど女の子だったら「くすみピンク」にしたかったな)

当日スケジュール
9:00 〜 授乳、ミルクを控える
(10:30 沐浴するなら30分前)
11:00 カメラマン到着・荷物をおろしたり撮影準備(この間に授乳&ミルク ※普段は母乳でも眠りが深くなるのでミルクがオススメ🐮)
11:20 小物を選ぶ(車いっぱいのたくさんのアイテムを持って来てくれました🌷)
11:40 撮影開始(間で起きかけても神業で再入眠させてくれます)
13:30 終了(片付け)
14::00 お支払い・お見送り
後日 写真データが届く😍

撮って良かったこと

💛撮影自体がとても新鮮で楽しく思い出になったこと
各所にプロのワザが詰まっていて本当に楽しい時間でした。道具も独特で見てて飽きません。プロの寝かしつけも神がかっていて感動🌟3人のお子様のいるママカメラマンだから、子育てのおしゃべりも楽しかったな🤗

💛プロに依頼しなければ撮れない新生児期だけのかわいい姿を残せたこと
💛裸の姿を残すことが出来たこと(蒙古斑がかわいい)
💛私と息子の写真を2ショット撮ることができたこと
↓これサービスで撮ってくれた😭2ショット全然なかったから、このタイミングでニューボーン撮って本当にホントに良かった💚
産後なんども何度も眺めてる宝物です☺️

今思えば、失敗だったこと

🔷産後すべてにおいて厳選する時間がなかったこと
小物をもっとイメージして望めば違ったかも。
こだわりあるのにハイになって、やってしまった。

🔷新生児の小ささがいまいち伝わらないポーズにしてしまった
大人の手が入っているポーズ。おすすめ(撮ってないけど)。

🔷頬杖ポーズの合成の仕上がりが別人になってしまった
動いてしまって仕方ないんだけど、別人でおもしろかった。撮影が大変だったことがいい思い出☺️

🔷撮影時に我が子のかわいい姿にハイになり、普段なら選ばない変な小物を選んでしまった
ふわふわのモヘアとか、羊耳の帽子とか、いつもなら絶対選ばないやつ。
出来上がり見て「やっちまった」w

🔷事前の打ち合わせの甘さが出てしまった
余白が多い写真もほしかったけど、全身が画角におさまっているものだった。
ぎりぎりまで引いた写真も欲しかったな。

🔷親になぜこの時期(コロナ・新生児期)にわざわざ写真を撮るのかが伝っていなかった
ニューボーンが何かを伝えておらず「いつかえるの?」と心配していたので、事前にしっかり伝えるべきだった

🔷生後17日に撮影では体が大きくなっていたのでもう少し早く撮るべきだった
体が固くなっていたのが頬杖ポーズを失敗した理由です。

🔷自分も身なりを整えておけば良かった
ボサボサヘアに適当な服で写真に残ってしまった。(それも含めて思い出だけど🥲)

まとめ

この時期しか撮れない小さな我が子のニューボーンフォトぜひご検討ください☺️

自分で撮るよりプロに依頼するのが圧倒的におすすめ。カメラマンも産前に検討して、産後に改めて撮影イメージ固めてから望んでください。私みたいにハイになって変な小物を選んで失敗するのはもったいない😉

でも後悔はしてないし、子育ての合間に何度も見返して「にやける」写真があるって本当に励みになります。きっとこれから大きくなって、生意気なことを言われたとしても、この写真の時期の愛おしさで頑張れるに違いありません。夫や親に理解されなくても是非強行してください💛

関西にお住まいの方💫
このカメラマンさんとてもおすすめ!気になる方はお問い合わせいただければ連絡先をお伝えしますね。
個人でされているので、ここには載せませんが本当に話しやすくて素敵な女性です💫
生花もお願いすれば準備してくれます。私はミモザを用意しました🌼