レポ・ブログ

無痛分娩出産レポ🎂その2〜麻酔の合併症〜

無痛分娩出産レポ🎂その2〜麻酔の合併症〜

出産レポ後半(その2)です。
2度目の麻酔を入れた後、血圧低下・悪寒・回旋異常・頭痛など様々な合併症が出ました。大変だったけどいつか忘れてしまう出産の記憶。少しでも覚えておきたくて自分のために書いています。自己満足ですので悪しからず。
🔗その1(陣痛から麻酔)はこちら。

pm1:00 促進剤の投与

🧑🏻‍⚕️「進みが遅くなってきたので促進剤を入れますね〜」
👩🏻「はい」

口が乾くので水分をとり、リップを塗る💄。痛みは麻酔前より随分マシ。

助産師さんが近くにいてくれて安心できる☺️
安定しているのを見届けたところで、また来ますね〜と一人になった。

痛みが来たら長く息を吐いて陣痛を逃す
さっきよりマシになっている。でも痛いから麻酔のボタンを押す。

さっきよりマシ・・・だよね。痛いけどマシだよね??🤔
思ってたよりも無痛じゃないけど、お産が進むにつれて陣痛が強くなって痛みが出るって言ってたからきっと進んでるんだろうな。いやでも痛い。痛いわ!!!!自分で調整できる麻酔のボタンを押す

痛い。両手が痺れてきた。痛い。痛い。
ボタン、ボタン、ボタン。何度も何度も押す。全く効果なくない?🔘
え、無痛ってこれ合ってる?無理!!!!!

pm1:50 ナースコール

すぐさま担当の助産師さんと麻酔科医が来た。
👩🏻「麻酔を入れる前と同じくらい痛いですっっっっっ。こんな感じで合ってますか?」
腕の内側とお腹で冷たさを確認する麻酔科医。
👨🏻‍⚕️「違いわかりますか?」
👩🏻「お腹の方が若干冷たさマシなような・・・いや、どうだろう。よくわかりません」
👨🏻‍⚕️「麻酔増やしますね」
陣痛が痛すぎて曖昧な判断しかできない。
助産師さんが腰をさすってくれたりお尻を押さえてくれてだいぶ楽。
👩🏻「痛いっっっっっっっ、痛いです。💩が出そうです」
🧑🏻‍⚕️「ちょっと内診しますね。子宮口は8-9cm開いていますね。痛みが強くなったのはお産が進んだからかもしれませんね」
👨🏻‍⚕️「どうですか?痛みは和らぎましたか?麻酔はできるだけ増やしますね」
👩🏻「痛いですっっっっっっっ」
👨🏻‍⚕️「これはどうすか?冷たさは違いますか?」湿ったコットンのようなものが皮膚に当たる。
👩🏻「どちらも同じです。いたいっっっっ痛いっっっいたいっっっっっっ」

9cm開いている状態で、ベッドの上でのたうち回る私。
無痛とは。この痛みは。いったい何だ?

pm3:00 麻酔のやり直し

やはり効いていないと言うことで麻酔針を差し直すことに。
その間も陣痛は容赦無く押し寄せる腰が割れたか、お尻が爆発したようだ💥
かれこれ、初めの麻酔から2時間半。4cmから9cmまで麻酔が効いていなかった事になる。
(ここまでくれば自然分娩と同じ・・・)頭の中で絶望した😱

「一番強いのを入れるので、もう少しで楽になりますよ」
その言葉と共に今回も背中に冷たいものが流れる
中を通っている麻酔液が冷たいのか、張り付いている麻酔のチューブが冷たいのかどっちだろう。
一瞬そんなことを考えたけど、痛すぎてもうどうでもいい。

麻酔が効き陣痛が遠のいていく。これが無痛分娩。痛みからの解放。最高だ🥳

喜んだのも束の間、全身が寒い上半身が揺れるほど震え出す。歯がガタガタしてうまく話せない🥶
アラートが鳴っている。血圧が下がっているらしい🥶

周りが騒がしくなってきた。
助産師さんと麻酔科医以外に、たくさんの先生が集まってきた
私は地震でも起きているようにガタガタしている🥶

先生が内診しているのが見える。
そこで、自分の足が力なく左右にだらんと開くのが目に入る🥶
下半身に感覚は全くないけど、どうやら効きすぎているようだ。

赤ちゃんの心拍が下がっている。 NSTのアラートが鳴る。
血圧低下でうまく酸素を届けることが出来ていない。
👨🏻‍⚕️「酸素濃度低下してるので酸素マスクしますね」

酸素マスクが設置される。点滴や麻酔も何かしているみたいだ。
寒い。寒い。体が縮こまる🥶
立ちくらみみたいに目の前が暗くなる。変な形で両手の指がつっている🥶

pm4:00 安静にする

足の力が全く入らない状態だとイキむことができない。
麻酔が和らいで足に力が入るようになるまで安静にすることに。

その間、ベビの心拍が180とかなり興奮状態でお腹の中で動いている
と思うと、アラートがなり50くらいになる事もある。何度も心拍が下がるので気になって仕方ない。

赤ちゃんの向きも悪いらしく、このままだと出てこれない😭
足が動くようになったら、四つん這いで自然に回転させることに。

震えも落ち着き痛みもなく気持ちに余裕がある😄
足が少し動いてきたので、四つん這いになる。
あれ頭が重い。頭が痛い😱
そのまま体を支えることが出来なくなり、ベッドから落ちそうになったところ
助産師さんに支えてもらい何とかベットに戻れた。自分の体なのに制御が効かないことが怖かった😩

四つん這いができない。自然な形で回転を促すのは難しいらしく、しばらく様子を見ることになる。
ここで朝から支えてくれた女神の勤務時間が終わり、目が大きくて可愛い助産師さんが担当してくれることになった🧑🏻‍⚕️

pm6:00 相変わらず脈が上下する

様子見をしている間に、東京から夫が到着した🚅
まだ時間がかかるらしく、別の場所で待機しているらしい。
ラインで会話する余裕がある👄

相変わらずベビの心拍にムラがあり、アラートがなっている。
そうしている間に子宮口は全開になったらしい。

pm7:00 夫が入室

待機していた夫が入室してきた。
約2ヶ月ぶり。すっぴんメガネでこんな姿を見せるのが何だか照れ臭い。
飲み物、リップ塗り、頭を支える係に任命される夫。

🧑🏻‍⚕️「次の陣痛に合わせていきみましょう」
🧑🏻‍⚕️「タイミング言いますね、吸って〜〜〜」
👩🏻「(スーーーーーーーっっっ)」
🧑🏻‍⚕️「吐くタイミングで息を止めて力を入れて」
👩🏻「(うなずく)」
🧑🏻‍⚕️「力入れてイキんで〜
👩🏻「ふぬぬぬっっっっっ」
思いっきりイキむ
友達に教えてもらった1年分の💩を、斜め上の天井へぶちまけるイメージ(汚くてすみません)
目を閉じていきむと目の周りの血管がおかしくなり一生消えないらしく、両目をしっかり開く
何度か繰り返す。お股の向こうでは先生と女神2がいる。

エコーの機械が運ばれてくる。
先生たちが真剣にエコーを見ている。私から画面は見えないから気になる。
ベビの角度を見ているようで、色々と相談している。回らないらしい。

イキむタイミングに合わせて、さらに手動で回転試みる
こうしている間、ベビも辛いよね。立ち会いからはすぐに生まれると思ってた。一体どうなっているんだろう。

pm7:50 手術室へ移動

🧑🏻‍⚕️「現在赤ちゃんがうまく降りて来れない状態です。
何とか回転を試みましたが、逃げてしまったり戻ってしまったりして難しく、このまま回転しなければ帝王切開になります。すぐに対処できるようにオペ室に移動しますね」
👩🏻「わかりました。いいように進めてください。でもここまできたから出来れば下から産みたいです😭」

ストレッチャーに乗り、フロアの一番奥にある手術室へ移動。
室内は明るく、見慣れぬ機材がたくさんある緑の空間。

麻酔が効いているので痛みはないけど、陣痛に耐えて全開になっているのに帝王切開は避けたい
出来れば下から産みたい・・・その思いでこの空間にいる先生たちと一つになった気がした。

産科の先生、足を支える人、肩に足を乗せてくれる人、助産師、麻酔科医、新生児科の方2名、(見にきただけであろう先生)、とりあえず人がたくさんいる。
🧑🏻‍⚕️「最後にイキみましょう」
これでダメなら帝王切開。避けたい。もう、どうなってもいい、全身全霊の力をこめる
血管が切れそうだ。ひどい顔をしているに違いない。

🧑🏻‍⚕️🧑🏻‍⚕️🧑🏻‍⚕️🧑🏻‍⚕️「吸って〜イキんで〜〜〜」
「次の陣痛でもう一回いくよ、吸って〜はい力入れて」
「頭でたよー!!!!力抜いて😆😆😆」

pm8:10 誕生

どぅるるるん(擬音にするとこんな感じ)
「おめでとうございます!!!!20時10分誕生です!!!👏」
「(・・・・おわった)」
血の色の小さな赤ちゃんが見えた。
頭が出た後の何とも言えない達成感で、産声すぐ上がらなかったことに気がつかなかった。
「あれ、泣いてない・・・」夫の声で気が付いた。力なく抱かれ処置する台へ運ばれる我が子。
見るからに血色が悪い。大丈夫だよね?😟

「っんぎゃややゃぁぁぁぁあぁっっっっぁぁ!!!」

新生児科の先生たちが、体重を測ったり何かしてくれている。
すぐに泣かなかった我が子は隣の空間。私たちは遠目でしか見ることが出来ない。
女神が代わりに写真を撮ってくれた。今でも何度も見返すほど宝物。しばらくして我が子と対面しカンガルーケアをした。暖かくて尊い。無条件にかわいい子👶🏻(🔗出産の時の気持ちは別ブログ・ご興味あれば)

ただし、羊水を飲み過ぎて動きが悪く、血液が酸性になっているらしい。念のために今夜はNICUで預かってもらうことになった。

pm9:30 分娩室へもどる

産めた達成感💕まだ信じられない。高揚感💕ストレッチャーで初めに入った個室に戻る。
すでにNICUにいると思っていた我が子もまだそばにいた。
しっかり見たかったけど麻酔が効いているのか頭がふらふらする。
初乳をあげますか?と言われ始めての授乳をした(もちろん何も出ない)
壊れそうな細い体と小さいお口が密着していて可愛かった😊

コロナということもあり、立ち会い時間切れ。夫が帰宅する。
夫がどう感じたかは分からないけど、私は我が子がこの世に産まれる瞬間を一緒に迎えることが出来て本当に嬉しかった☺️

ベビがNICUに行く。私も部屋に行くことになった。ゆっくり立ち上がってくださいと言われたけど、あれ、頭が痛すぎて立てない
頭がいたい。痛い。女神が車椅子を持ってきてくれた。
何とか座ったけど、支えなければ保てない。頭が壊れそうに痛い💥

pm11:00 病室へ 

車椅子の振動が頭に刺さる💥車椅子の前で共に移動している点滴を持つ手に頭を委ねる。
激しい痛み。動きと共に増していく。
病室に移動して、倒れ込むようにベッドに転がった。

担当の方が、数時間後に様子を見にきてくれて一人でトイレまで歩ければ点滴が外れるらしい。
こんな状態で同室じゃなくて良かった。息子はプロが見てくれてるから安心。
麻酔が効いてて下半身の痛みはない。異常に痛い頭は横になると緩和され眠くなった。
そのまま目を閉じ、薄れていく意識😪

ようやく長い1日が終わった💤🌕

入院編(その後の合併症)に続く。

↓以前にまとめた無痛のリスクのリンクはこちら↓